HOME > 乳酸菌と健康 > 乳酸菌が不足すると?

乳酸菌が不足すると?

乳酸菌は加齢と共に徐々に減少すると言われていますが、減少すると生活習慣病や癌、便秘などを引き起こすと考えられています。腸によい働きをする善玉菌の中心的な働きは乳酸菌です。有害となる毒素の発生を防ぎ、腸を健全に保つ働きがあります。年齢と共に減少する善玉菌は、乳酸菌の摂取で多い状態に保つのが健康に繋がるのです。

免疫力を高める乳酸菌

腸内環境を整えると免疫力が上がるとも言われています。乳酸菌を摂取して善玉菌を増やすのが良いのですが、善玉菌が多い人の方が病原菌の進入を防いで感染症が少ないようです。乳酸菌は加齢と共に減少し、次第に免疫力が低下して様々な病気にかかりやすくなります。良い排便を促すだけでなく、病気に強い体を作るためにも乳酸菌は欠かせないものなのです。

このページのトップに戻る