HOME > 乳酸菌と健康 > 腸への影響

腸への影響

腸内細菌のバランスが崩れ悪玉菌が増加してしまうと、体に有害となる毒素が多く発生すると言われています。便秘を引き起こすだけでなく、癌や高血圧など現代人に増えている病気を発生させている原因にもなります。腸内環境を整える事で毒素の発生を防ぎ、老化の予防になると言われています。様々な病気の予防としても腸内環境を整えましょう。

乳酸菌で大腸がんを防ぐ

現代人の死亡率で多いのが癌です。癌の原因にも色々なものがあるのですが、腸内細菌のバランスが乱れて悪玉菌が増加し、毒素を発生することによっても起こると考えられています。乳酸菌を摂取すると発がん性物質を吸着し排泄する効果が期待できるようです。便秘がちの人は大腸がんになりやすいのも腸内環境が乱れてしまった原因と言えるでしょう。

このページのトップに戻る