HOME > 乳酸菌と健康 > 乳酸菌と腸の関係

乳酸菌と腸の関係

人間の腸の中にはおよそ100兆もの細菌が存在していると言われてます。それらの腸内細菌が上手く働く事によって腸の健康を守っています。体に悪影響がある悪玉菌が増えすぎると病気になってしまいますが、善玉菌が増えると腸の活動を上手くサポートしてくれます。生活習慣や食生活などでも腸の細菌のバランスは悪くなってしまいます。善玉菌を増やす働きがあるのが乳酸菌です。

加齢と共に悪玉菌が増える

人間の腸の中の細菌は、若いころの方が善玉菌が多く、加齢と共に体に悪影響を与える悪玉菌が増加してしまいます。免疫力が低下してしまったり、便秘になって毒素を排泄できないなどの悪影響が起こります。腸の健康は老化とも関係があるとも言われていますから、善玉菌を増やす働きがある乳酸菌を補給するようにしましょう。

このページのトップに戻る