HOME > 乳酸菌と健康 > 乳酸菌とは?

乳酸菌とは?

乳酸菌は乳糖や糖質などを餌として増えることが出来る細菌の一種です。腸内の善玉菌を増やす働きがあり、お腹の調子を整える細菌として私達には馴染みがあります。乳酸菌飲料の他醤油や味噌などの発酵食品にも含まれていますから、日本人の腸には長く住み続けていると言っても良いでしょう。腸内の悪玉菌を減らし善玉菌を増やす事によって、便秘解消などに効果があると言われています。

乳酸菌の働き

人の腸には100種類以上の細菌が存在していると言われていますが、主に善玉菌と悪玉菌とに分けることができます。その中の一つである乳酸菌は年齢と共に減少する傾向がありますから、サプリメントや乳酸菌飲料などで補給することが勧められています。腸内環境を整える事で便秘が治るだけでなく、様々な病気から守る免疫力を高めるとも言われているのです。

このページのトップに戻る